おいしい信州ふーど(風土)大使 インタビュー

鎧塚俊彦さん インタビュー

オリジナリティーあふれるスイーツを通して、地域の皆さんと信州の魅力を発信していきたい


「信州」が感じられるスイーツ作りを

五年ほど前に、須坂市から「フルーツを使って町おこしをしたい。“フルーツ・スイーツ王国須坂”の実現を目指して一緒に仕事ができないか」というお話をいただきました。フルーツはお菓子と非常に縁の深い素材ですから、パティシエとしてぜひ協力させていただこうということになり、長野県とご縁ができました。

以前から信州はフルーツの生産が盛んであることは知っていましたが、りんごやぶどう、桃、あんず、プルーン、梨などさまざまな種類が生産されており、中でもぶどうは全国有数の生産量を誇っていることを初めて知りました。

僕が注目したのは「おいしい信州ふーど(風土)」オリジナルのぶどう「ナガノパープル」。さわやかな甘さで、種がなく、皮まで食べられます。東京ミッドタウン店で「ナガノパープル」を使ったスイーツを季節限定でお出ししたところ、お客様に大好評でした。

玉村大使とのコラボレーションで、信州素材を使ったパウンドケーキも作りました。桑の実と葉、えごま、くるみなど、どれも個性的な味わいです。

須坂商業高校の生徒さんたちと地元産フルーツを使ったスイーツの開発を手がけることもしました。この経験を通して、信州はおいしくて新鮮なフルーツが手に入る、とても恵まれた環境にあることを改めて感じた生徒さんもいたのではないでしょうか?若い人たちに信州の良さを再認識してもらえたら本望です。


信州ブランドを足掛かりに、農業の底上げにつなげたい

「おいしい信州ふーど(風土)」大使に任命されてから、坂城町の特産品「ねずみ大根」や「野沢菜」を使ったケーキ、地元産の味噌を使ったクッキーなど、地域の皆さんと協力しながら、信州を感じされるスイーツ作りに取り組んできました。

信州の皆さんはピンとこないかもしれませんが、信州のブランドイメージは、他県に比べてかなり確立されています。今後は、スイーツの開発だけでなく、信州の素材も広く紹介していきたいと思っています。大使である僕と組むことで、信州産の素材にスポットが当たり、生産者やそれに関わる人たちの励みになればうれしい。良い意味で“鎧塚俊彦”を利用して欲しいですね。その結果、僕にとっても新しい出会いや、新しい素材を使ったスイーツの開発につながったり、Win-Winの関係が築けたらと思っています。

心を満たすしあわせなお菓子を支えているのは、実は農業であり、酪農ですから、農家の人がやりがいを感じ、きちんと利益を上げてくれることが大切です。これからの日本は、第一次産業の底上げが必要だと思っています。

僕と一緒に、信州の農業を盛り上げていきましょう!