トップページ > おいしい信州ふーど(風土)探検隊日記 > 「木曽の朴葉巻」ほお葉祭り開催

おいしい信州ふーど(風土)探検隊日記

「木曽の朴葉巻」ほお葉祭り開催

おいしい信州ふーど(風土)探検隊のひなたです。
長野県選択無形民俗文化財の「木曽の朴葉巻」を求めて、ほお葉祭りが開催中の木曽郡上松町(あげまつまち)に来ました。「木曽の朴葉巻」は、「おいしい信州ふーど(風土)」“ヘリテイジ”に含まれています。寝覚の床で有名な木曽郡上松町は、中央道 塩尻ICから車で約60分です。新緑がきれいなこの時期に山々を見ながら走るR19は気持ちが良いものです。
今回は、「おいしい信州ふーど(風土)」のPRを兼ねて行きました。

houba_2 
-木曽の朴葉巻とは-
月遅れ(6月)の端午の節句に各家庭で昔から作られてきたお祝いのお菓子です。
朴の葉には殺菌作用があり日持ちがするといわれています。朴の葉が大きくなる、5月下旬から7月上旬まで季節限定です。

-木曽谷の初夏にほお葉祭り -
5/25の中津川市会場
から始まり7/15の御岳ロープウェイ会場まで行うお祭りです。
この日は、各地で開催されており上松町の寝覚の床会場では、中学生の吹奏楽・檜流太鼓・ほお葉早包みなどが行なわれました。地元の方にお話を伺うと「この時期は、孫たちが来て大変なんだよ」と言いつつも穏やかな笑顔を見せてくれました。

-紐がうまく結べない-
体験コーナーがありましたので体験させていただきました。
教えてくれる先生は、上松町特産開発センターのお二人です。

houba_5 
まず、米の粉で作った餅にあんこを入れる。「ただ、丸くするだけよ」と言われましたが、それがなかなかうまく出来ません。丸くならない上に手に粉がついてしまう。あんこを入れると変な形。「こっちは、商売でやっているからうまいに決まっているでしょう」と先生の一言。確かに...体験する事に意味があるのですよね。

houba_4 
次に朴の葉にあんこ入餅を包み、い草で結ぶ。これもなかなかうまく結べません。紐が切れてしまうのです。ポイントは、少しゆるめ全体の1/3辺り上に結ぶこと。蒸かす事で餅が膨らむからだそうです。早速、蒸したてをいただきました。朴葉の香り素朴な味わいになぜか懐かしさを感じました。

houba_3 - まだ間に合う -
ほお葉祭りは、大半の会場で終了しましたが間に合う会場がいくつかあります。

6/1~7/下旬 王滝村内菓子店舗(王滝村)
6/15・16 道の駅 日義木曽駒高原(木曽町)
7/13・14・15 御岳ロープウェイ(木曽町)

ぜひ、会場に行っていただき、「おいしい信州ふーど(風土)」“ヘリテイジ”の「木曽の朴葉巻」をご賞味ください。

【取材協力】
名称:ほお葉祭り実行委員会(レストハウス木曽路内)
住所:〒399-5600 木曽郡上松町寝覚
TEL:0264-52-2554
URL:http://www.kisoji.com

名称:上松町特産開発センター
住所:〒399-5607 木曽郡上松町大字小川3428
TEL:0264-52-1505

←前の記事へ

次の記事へ→

[PR]

  • 株式会社アグリンフレッシュ
  • 株式会社水城漬物工房
  • 株式会社プロミート
  • 信州山ごはん&地酒
  • cookpad 長野県公式キッチン
  • 長野県農産物マーケティング室facebookページ
  • 長野県公式ホームページ
  • 地産地消 信州を食べようキャンペーン
  • 信州を食べよう(長野県魅力発信ブログ)
  • 田舎暮らし楽園信州
  • 長野県町村会 元気なふるさと
  • 信州の名産品が最大40%OFF【NAGANOマルシェ】
  • 長野県公式ネットショップ紹介サイト【カウナガノ】
  • 信州の産地”先採り”ネット
  • 信州の環境にやさしい農産物
  • 米粉情報
  • NAGANOデザインフェスタ
  • メディア掲載情報