おいしい信州ふーど(風土)探検隊日記

赤土に根付いた 灰原辛味大根

おいしい信州ふーど(風土)探検隊のヨネGです。
11月1日は、灰原辛味大根を求めて、長野市信更町灰原の「灰原クーヘン会〈灰原辛味大根で蕎麦を食べよう〉」代表の小林章一さんの畑に行ってきました。
灰原辛味大根は信州の伝統野菜で、「おいしい信州ふーど(風土)」“ヘリテイジ”の品目です。

P1030947

灰原辛味大根は、もともと千曲市稲荷山と長野市塩崎付近で栽培されていたようですが、平成に入って長野市信更町に導入されたとのことです。辛みが非常に強く「おしぼりそば」や「おしぼりうどん」のおろし汁等に利用されます。また、たくあん漬けにしても美味しいようですよ。葉っぱは使いますかとの問いに「葉はほとんど食べないが、圧力鍋で柔らかくして、おやきの具にすることがあるよ」と小林さん。

P1030954

さて、畑の周りには大根以外にも野菜畑が沢山見られますが、ほとんどの畦周辺には鉄線が張られています。「最近は、鹿やいのししの被害があるのでまいっています。高圧鉄線で野生獣から野菜を守ってるんだよ。皆さんも電線には気をつけてくださいよ」と小林さん。金具をはずして畑に入れてくれました。

P1030957

畑から、形の良い灰原辛味大根を数本抜いていただきました。長さは20センチ弱で、下膨れしたとても硬そうな大根です。土の色を見るときれいな赤土が付いていますが、他地区で取材した大根や蕪などの黒土に比べると明らかに違います。
ふっと見ると小林さん、その場で土がついたままかじっているではありませんか。「まずまずの味かな」と小林さん、満足そうなお顔でした。

P1030955

小林さんたちは、グループで蕎麦の生産も行なっているとのこと。たいへんお忙しい時期にありがとうございました。

【取材協力】
名称:灰原クーヘン会〈灰原辛味大根で蕎麦を食べよう〉
住所:長野市信更町灰原 577
TEL:026-290-3558

←前の記事へ

次の記事へ→

[PR]

  • 株式会社アグリンフレッシュ
  • 株式会社水城漬物工房
  • 株式会社プロミート
  • 信州山ごはん&地酒
  • cookpad 長野県公式キッチン
  • 長野県農産物マーケティング室facebookページ
  • 長野県公式ホームページ
  • 地産地消 信州を食べようキャンペーン
  • 信州を食べよう(長野県魅力発信ブログ)
  • 田舎暮らし楽園信州
  • 長野県町村会 元気なふるさと
  • 信州の名産品が最大40%OFF【NAGANOマルシェ】
  • 長野県公式ネットショップ紹介サイト【カウナガノ】
  • 信州の産地”先採り”ネット
  • 信州の環境にやさしい農産物
  • 米粉情報
  • NAGANOデザインフェスタ
  • メディア掲載情報