「おいしい信州ふーど(風土)」図鑑

あかたつ ヘリテイジ

  • あかたつ
  • あかたつ
  • あかたつ
  • あかたつ

島崎藤村の小説「家」に「あかたつ漬け」の記載が見られます。地域のお年寄りの話から少なくても明治時代には栽培されており、中京方面から伝播したと思われ、現在は木曽、上下伊那で栽培されています。茎が赤紫色の唐芋の葉柄を塩漬けや酢漬けにして食用にしています。皮をむき、塩漬けした後、甘酢や調味液で漬け、しょうが汁をかけて食べます。地元では産後見舞い品として使われています。子イモは5~8㎝程度の長丸形。葉柄は赤紫色で70~120㎝位になり、八つ頭より長くて太くなります。