トップページ > おいしい部局長会議 > 10月のおいしい部局長会議できのこを使った2品が紹介されました

おいしい部局長会議

10月のおいしい部局長会議できのこを使った2品が紹介されました

  長野県は、冷暖房を装備した近代的な生産施設での菌床きのこ栽培(ビン栽培)が盛んで、全国一の生産量を誇る「きのこ王国」です。

 なかでも、えのきたけ、ぶなしめじは年間を通して栽培し、全国生産量のうち、えのきたけは63%、ぶなしめじは45%を長野県が占めています。
 これから寒くなると、鍋物、煮物など、きのこの需要が増える時期になります。
 長野県産のおいしいきのこをたくさんお召し上がりください。 


○米粉のシフォンケーキ きのこの姉妹(えのき・しめじ)
 野沢温泉村には、きのこ栽培農家が多く、「特産品のきのこを使ったお菓子を作りたい」という発想から、“米粉のシフォンケーキ きのこの姉妹”ができました。
 大粒にカットしたきのこの食感と風味が特徴です。甘さ控えめで、腹持ちの良い米粉を使用しているので、軽食にもなりますし、お土産にもおススメの一品です。

  

問合せ先:農産物加工販売所 きの実     ℡0269-85-4220
     長野県下高井郡野沢温泉村4791 定休日 水曜日

 ○えのき茸茶づけ
  長野市、中野市のえのきたけで作られたなめ茸です。固形分80%と、えのきたけの美味しさがそのまま詰まっています。
 長野県産の原料と合成添加物不使用にこだわっており、味がやや濃い目ですが、ご飯にかけるだけでなく、豆腐や大根おろしの和え物、うどんやおそばの具材など、様々な味わい方ができます。

問合せ先:長野森林組合 鬼無里事業所  ℡026-256-2233
     長野市鬼無里2552番地   定休日 土日祝日

IMG_4634.jpg

 

 

 

 

 

 

←前の記事へ

次の記事へ→