トップページ > おいしい部局長会議 > 11月のおいしい部局長会議で「鹿肉ジャーキー」と「まつぶさの雫」が紹介されました!

おいしい部局長会議

11月のおいしい部局長会議で「鹿肉ジャーキー」と「まつぶさの雫」が紹介されました!

〇鹿肉ジャーキー
 身の引き締まった天然シカ肉のジャーキーです。諏訪大社で授与されている、鹿を食べてもよいという免罪符である「鹿食免(かじきめん)」を受けた商品です。
 JR東日本と長野県は、昨年度から信州ジビエの振興に向けて協力しており、今年度も、狩猟期間である11月15日から2月15日まで「信州ジビエフェア」を開催しています。
 今年は、食べ歩き等のイベントの他、より多くの方にジビエに関心を持っていただくため、「鹿肉ジャーキー」をお求めやすい小分けパックにて、JR東日本のエキナカで販売しています。
■ 問合せ (株)JR東日本リテールネット 長野支店(住所:長野市中御所1丁目9番8号
電話:026-226-4422)

〇まつぶさの雫
 箕輪町でこの秋に収穫されたマツブサの果汁50%ジュースです。
 マツブサは山に自生しますが、個体数が少なく、昔から珍重されてきました。
「箕輪町まつぶさ会」の皆さんが、町の特産物にするため研究を重ね栽培を可能にしました。
 生の果実は強い酸味ですが、ジュースにすることで適度な酸味と甘みに仕上がっています。また、独特の風味が特徴です。
■ 問合せ箕輪町産業振興課(住所:箕輪町大字中箕輪10298 電話:0265-79-3111)

マツブサとは?
 北海道から九州の山地に生育するつる性の低木。まつぶさの実
 果実は紫黒色で 長さ5cmほどの房状になる。

 

 

 鹿肉ジャーキー まつぶさの雫改

おいしい部局長会議資料【11月分】

 

←前の記事へ

次の記事へ→