トップページ > おいしい信州ふーど探検隊日記 > 「おいしい信州ふーど(風土)」玉村豊男大使:東御市

おいしい信州ふーど(風土)探検隊日記

「おいしい信州ふーど(風土)」玉村豊男大使:東御市

おいしい信州ふーど(風土)探検隊のアンジーです。

本日は東御市にあるヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリーへとやってきました。
な、な、なんと!
「おいしい信州ふーど(風土)」大使玉村豊男さんの取材があり、見学させていただけることになったのです。

それでは、「玉村大使の取材」の取材、始まりま~す。

梅雨が近いせいでしょうか。ムシムシとした曇天がのしかかってくるような天気です。
高速道路を東部湯の丸インターで下り、山の斜面を上がっていき到着。車を降りようとドアを開けると、空気感が市街地とは違います。しっとりとした緑の香りが、私たちをやわらかく包んでくれました。

P1010167

 

ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリーは、東信地域の市街地をはるかに見下ろす里山の斜面に位置し、標高はおよそ850m。遠くに北アルプスと千曲川を望みます。そのため見晴らしが最高です。玉村豊男事務所の清水さんにお聞きしたところ、「夜になると夜景がとてもきれいなんですよ」とのことでした。

P1010163

 

今にも雨が降り出しそうなため、まずは撮影から開始です。カメラマンの指示に合わせて、玉村大使が次々とポーズをとっていきます。

P1010179

 

撮影が終わり、一行は屋内のヴィラデストカフェへと移動。玉村大使のインタビューが始まりました。

P1010229

 

P1010219

 

インタビューでは、玉村大使の長野県、そして農業に対する熱い気持ちが溢れ出てきます。いくつかの言葉をそのまま紹介させていただきます。

長野県では、日常のもの、普通のものがおいしい。毎日の生活がプレミアム
例えば畑で採れたてのきゅうりを食べる、これはすごい贅沢なことなんだ
日常的な食べ物に、すごい価値がある
それを、県民が認識し、自信を持つことが大切
そして、自信をもっておもてなしをして欲しい

などなど。

ていざなす、ぼたんこしょう、ひしの南蛮、下栗の二度芋…。
伝統野菜についても、名前、どんな野菜なのか、どうおいしかったのか、お話は尽きることがありません。小さな畑で自家用と近所へのおすそ分け程度の生産をされている農家さんの野菜の中に、発見されていない伝統野菜があるはずで、それらを見つけ出し、保全することが必要だとも、おっしゃっていました。

最後に、「おいしい信州ふーど(風土)」とは、地元の宝物を見直しましょうという運動だ、とのこと。

長野県の地元にある宝物に光を当てるお手伝いができるよう、探検隊の一員として頑張ろう!と思うアンジーでした。

さて、本日の取材内容は、6月上旬~中旬(予定)の信濃毎日新聞朝刊に掲載されます。
どうぞお楽しみに!

←前の記事へ

次の記事へ→

[PR]

  • 株式会社アグリンフレッシュ
  • 株式会社水城漬物工房
  • 株式会社プロミート
  • 信州山ごはん&地酒
  • cookpad 長野県公式キッチン
  • 長野県農産物マーケティング室facebookページ
  • 長野県公式ホームページ
  • 地産地消 信州を食べようキャンペーン
  • 信州を食べよう(長野県魅力発信ブログ)
  • 田舎暮らし楽園信州
  • 長野県町村会 元気なふるさと
  • 信州の名産品が最大40%OFF【NAGANOマルシェ】
  • 長野県公式ネットショップ紹介サイト【カウナガノ】
  • 信州の産地”先採り”ネット
  • 信州の環境にやさしい農産物
  • 米粉情報
  • NAGANOデザインフェスタ
  • メディア掲載情報