トップページ > おいしい信州ふーど探検隊日記 > 信州サーモン誕生の地、安曇野へ

おいしい信州ふーど(風土)探検隊日記

信州サーモン誕生の地、安曇野へ

おいしい信州ふーど(風土)探検隊のひなたです。
今日は、信州サーモン誕生の地である安曇野市は明科の長野県水産試験場に来ました。

信州サーモンは、「おいしい信州ふーど(風土)」“オリジナル”に含まれています。

海のない長野県ならではの魚を開発しようと研究が始まり、長い年月をかけて、育てやすく肉質のよいニジマスと病気に強いブラウントラウトを交配させ、両方の長所をそれぞれ持ち合わせた信州独自の新品種の魚。肉質が細かく、とろりととろける舌触りが特徴です。

suisan_shikenjo_2

 
特別に信州サーモンの稚魚を見せて頂けるという事で水産試験場からほど近い押野試験池に案内してもらいました。魚病防疫のため、一般の方入ることの出来ない特別な施設です。許可を頂き、ありがとうございました。

この施設で稚魚が誕生するので信州サーモンの生家ということになります。ここから全ての信州サーモンが県内各地の養魚場へお嫁に行きます。ちなみに“お嫁”という言葉を使ったのには、信州サーモンはすべて女の子だからです。この話は、また別の探検隊日記でご紹介できればと思います。

さて、施設に入るため靴・手の消毒をし、さらに全身を紫外線消毒して白衣を着ます。
中に入ると透明度の高い水で満たされた大きな生簀がいくつもあり、その中に稚魚がいました。きれいな地下水をポンプで汲み上げた水のみを使用しているそうです。
稚魚は、全部で約300,000匹。毎年、同じぐらいの数になるという事。

suisan_shikenjo_3

もうしばらく大きくなるのを待って旅立っていくようですが、予定では6月中旬ごろ。
その頃にあらためて伺い、旅立ちを見送れればと思います。
それまでは、施設の方々も眠れない日々を送るとの事ですので体調には気を付けて頂ければと思います。

探検隊からのおすすめレシピ 【 信州サーモン 】
◇しあわせコロッケ
◇信州サーモンのきのこおろし煮かけ

←前の記事へ

次の記事へ→

[PR]

  • 株式会社アグリンフレッシュ
  • 株式会社水城漬物工房
  • 株式会社プロミート
  • 信州山ごはん&地酒
  • cookpad 長野県公式キッチン
  • 長野県農産物マーケティング室facebookページ
  • 長野県公式ホームページ
  • 地産地消 信州を食べようキャンペーン
  • 信州を食べよう(長野県魅力発信ブログ)
  • 田舎暮らし楽園信州
  • 長野県町村会 元気なふるさと
  • 信州の名産品が最大40%OFF【NAGANOマルシェ】
  • 長野県公式ネットショップ紹介サイト【カウナガノ】
  • 信州の産地”先採り”ネット
  • 信州の環境にやさしい農産物
  • 米粉情報
  • NAGANOデザインフェスタ
  • メディア掲載情報