トップページ > おいしい信州ふーど探検隊日記 > ブルーベリー、霧雨に濡れみずみずしく育っています

おいしい信州ふーど(風土)探検隊日記

ブルーベリー、霧雨に濡れみずみずしく育っています

こんにちは、おいしい信州ふーど(風土)探検隊のヨネGです。
7月23日にお訪ねしたのは、春にもお邪魔した信濃町の観光農園「KAWASUNブルーベリー園」の川原田さんです。ブルーベリー30種類、苗数千本弱。品種の多さではどこにも引けを取らず、味比べには絶好の農園です。
ブルーベリーは生産量全国一位で「おいしい信州ふーど(風土)」“オリジナル”に含まれます。
前回作:「旬を待つブルーベリー」
http://www.oishii-shinshu.net/food/caravan/2013/04/post-44.html

P1020224

私がブルーベリー園に到着した時に、新潟からのお客様も駐車場に入ってきました。この時期、ブルーベリー狩りを毎年楽しみにしている常連さんも多く、団体予約や幼稚園の収穫体験会も催されています。私の訪問中のわずかの間にも、何台かの車が入場してきました。
ここを走る道路は、トウモロコシ畑もとても多い街道であり、北陸方面から善光寺への近道に利用されているようです。

buru_syuu_katei

さて、春の芽吹きの頃から待ちに待って、私もようやくブルーベリーの収穫に立ち会うことができました。
長野県は寒冷地気候ですので、生産されているブルーベリーはほとんどが寒冷地向けの品種です。実の大きさは、大豆程度の小ぶりのものから、5円玉大で肉厚のものまで、種類によって微妙に違った美味しさがあり十分楽しめます。特に寒冷地向けの品種は甘味も強く人気が高いようです。

P1020226 

町のブルーベリー栽培研究会は、昭和40年代に大規模栽培を全国に先がけて始めました。
現在では、特徴ある数種類を絞り込んで、町として統一して売り出す方法なども話題になっているようです。

P1020206

このブルーベリー、家にもってかえった人が近所にお裾分けし、それを頂いた方が「こんなおいしいブルーベリーは食べたことがない」。そして、その方から直接注文をいただくことも。「これが一番うれしい」と川原田さん。
園内をまわり、私も数種類食べさせていただきました。大小種類ごとに果肉の味が微妙に違い、甘さにも個性があります。私は少々小ぶりで味の濃い種類のものが大好きです。

 

【取材協力】
名称:KAWASUNブルーベリー園
住所:長野県信濃町大字平岡 1300-1
電話:026-251-7077
URL:http://kawasunbbf.com/

 

 探検隊からのおすすめレシピ 【 ブルーベリー 】
◇米粉のブルーベリーシフォン

←前の記事へ

次の記事へ→

[PR]

  • 株式会社アグリンフレッシュ
  • 株式会社水城漬物工房
  • 株式会社プロミート
  • 信州山ごはん&地酒
  • cookpad 長野県公式キッチン
  • 長野県農産物マーケティング室facebookページ
  • 長野県公式ホームページ
  • 地産地消 信州を食べようキャンペーン
  • 信州を食べよう(長野県魅力発信ブログ)
  • 田舎暮らし楽園信州
  • 長野県町村会 元気なふるさと
  • 信州の名産品が最大40%OFF【NAGANOマルシェ】
  • 長野県公式ネットショップ紹介サイト【カウナガノ】
  • 信州の産地”先採り”ネット
  • 信州の環境にやさしい農産物
  • 米粉情報
  • NAGANOデザインフェスタ
  • メディア掲載情報