トップページ > おいしい信州ふーど探検隊日記 > 十数戸が守り続ける「細島蕪」

おいしい信州ふーど(風土)探検隊日記

十数戸が守り続ける「細島蕪」

おいしい信州ふーど(風土)探検隊のひなたです。
11月13日、「おいしい信州ふーど(風土)」“ヘリテイジ”の信州の伝統野菜「細島蕪」を求め、木曽郡木祖村に来ました。

hosojima_keshiki 
-細島蕪とは-
木祖村最奥の細島地区で古くから作られている蕪です。来歴は不明ですが、遺伝的には同じ木曽の「王滝蕪」と極めて近縁だとされています。現在は、細島・寺平地区15戸ほどで栽培され、守り続けられています。表面は赤紫色で中身は白色。形は長円錐形

hosojima_kabu
hosojima_motu
-馬も食べていた!?-
昔の人の話では蕪を馬にも食べさせていたそうです。ただし、飼料目的で作られていたわけではありませんよ。標高1,000mを越すこのあたりでは、凶作にしばしばおそわれ、家畜用の飼料が足りなくなることがあったとの事。そんな時に蕪が重要な代用食として馬に食べさせていたというわけです。

-塩を使わず-
蕪は甘酢漬けにして食べられる事が多いようです。そして、茎と葉っぱは木曽地方に伝わる伝統食で塩を使わずに乳酸発酵させる「すんき漬」にします。最近では、アトピーなどの抗アレルギー作用があると言われ、注目を集めています。

hosojima_sunki 
-地元女性と共に-
細島蕪は、木祖村小木曽にある農作物直売所「愛菜」10月中旬から11月中旬ごろまで販売されています。こちらは、地元女性グループで運営されており、安くて新鮮な野菜とお母さんたちの笑顔に出会えます。また、「しょう漬けの会」として野菜の漬け物を作って販売しており、細島蕪を使った漬け物では「赤かぶ漬」「スンキ」があります。
ご興味のある方は、お試しください。

←前の記事へ

次の記事へ→

[PR]

  • 株式会社アグリンフレッシュ
  • 株式会社水城漬物工房
  • 株式会社プロミート
  • 信州山ごはん&地酒
  • cookpad 長野県公式キッチン
  • 長野県農産物マーケティング室facebookページ
  • 長野県公式ホームページ
  • 地産地消 信州を食べようキャンペーン
  • 信州を食べよう(長野県魅力発信ブログ)
  • 田舎暮らし楽園信州
  • 長野県町村会 元気なふるさと
  • 信州の名産品が最大40%OFF【NAGANOマルシェ】
  • 長野県公式ネットショップ紹介サイト【カウナガノ】
  • 信州の産地”先採り”ネット
  • 信州の環境にやさしい農産物
  • 米粉情報
  • NAGANOデザインフェスタ
  • メディア掲載情報