トップページ > 農産物マーケティング室から > 信州プレミアム牛肉認定牛肉の個体識別番号情報

信州プレミアム牛肉認定牛肉の個体識別番号情報

認定牛肉の個体識別番号について

信州プレミアム牛肉」は、長野県独自の厳しい「安心」基準をクリアした牛肉です。『どこで生まれたか、何を食べていたか、誰に育てられたか』などは、「信州あんしん農産物:牛肉個体識別情報検索システム」により調べることができます。

「信州プレミアム牛肉」取扱店の登録についてはこちら
「信州プレミアム牛肉」認定制度について
「信州プレミアム牛肉」の商標使用規定について
「牛肉個体識別情報検索システム」ページはこちら



「信州プレミアム牛肉」認定制度について

「信州プレミアム牛肉」は、牛肉の食味(香り・食感)を加えた新しいおいしさの基準です。

  1. 「信州プレミアム牛肉」として認定される牛肉は、長野県が衛生検査を行い、飼育管理の記帳を確認して認定している「信州あんしん農産物」認定農場から出荷された黒毛和種です。
  2. 認定の基準は、胸最長筋(ロース)中の脂肪交雑(BMS-No.)【※1】及びオレイン酸【※2】の含有率数値の両方を満たす以下のパターン①、②、③のいずれかの条件に合致するものです。
    ① 脂肪交雑7以上(4等級の上限)及びオレイン酸の含有率55%以上
    ② 脂肪交雑5以上(4等級の下限)及びオレイン酸の含有率58%以上
    ③ 脂肪交雑8以上(5等級の下限)及びオレイン酸の含有率52%以上
    【※1】脂肪交雑とは、(社)日本食肉格付協会が牛肉の脂肪の度合いを12段階に区分したものであり、本県の調査では、ジューシー感や和牛香を高めるものです。
    【※2】オレイン酸とは、脂肪酸簡易測定装置で測定する不飽和脂肪酸のひとつであり、本県の調査では、脂肪の風味や口溶けを良くするものです。

「信州プレミアム牛肉」は、脂肪が滑らかで口溶けが良く、柔らかさと風味に優れている和牛肉の特質が感じられます。

*現在、県内で生産される牛肉は、いくつかの銘柄が存在しますが、「信州プレミアム牛肉」は、これら銘柄の優劣を表したり、総称するものではなく、それぞれの銘柄で出荷された牛肉のうち、格付等級と食味に優れた牛肉であることを表すものです。


商標使用規定について

信州プレミアム牛肉商標(4件)の商標権が設定登録されました。
登録商標の適正な使用を図るため、「信州プレミアム牛肉商標使用規程」を策定しましたので、ご覧ください。

「信州プレミアム牛肉商標使用規程」(PDF)