「おいしい信州ふーど」図鑑

赤根大根 (あかねだいこん) ヘリテイジ

  • 赤根大根
  • 赤根大根
  • 赤根大根
  • 赤根大根

飛騨地方の「船津蕪」や滋賀県の「大藪蕪」や「彦根蕪」と近縁とされます。来歴は不明ですが、江戸時代に木地師によって伝えられた可能性があります。今では選抜して育成された「清内路あかね」としてF1品種登録されています。当地特産の清内路きゅうりやミョウガ、雑きのこと初冬に漬けあわせ、乳酸発酵の進んだ春先から樽から出して食べ始めます。葉数は少なくびわ形をして、毛じはまったく無く、葉質は柔らかです。根部はダイコンのように長形で表面全体に濃紅色を呈します。