「おいしい信州ふーど」図鑑

黒姫もちもろこし (くろひめもちもろこし) ヘリテイジ

  • 黒姫もちもろこし
  • 黒姫もちもろこし
  • 黒姫もちもろこし
  • 黒姫もちもろこし

明治時代、北海道にカナダや北米から導入された北方フリント種が、北関東を経由して県内各地に広まったものと思われます。完熟したものを乾燥させ、粉にしてたものを小麦粉をつなぎにしてダンゴとして食したり、未熟果を茹でたり焼いたりして食べます。北方フリント種の特性を引き継いだものであり、実の長さが15cm程度、輪切りにしたときの粒の列数が8列です。粒色は黒に近い紫や緑色を呈しており、白黒や黄色も混在します。食感は、スイートコーンに比べ甘味はなく淡白、もちもちしています。