イベント情報

すんきだけじゃない!木曽の赤かぶを食べたことがありますか?

「第3回赤かぶ利用コンクール」のお知らせ!

 5712王滝蕪(スタジオ入れ物)

木曽の赤かぶは古くからすんきや赤カブ漬の材料として利用され、400年の歴史があるといわれています。郡内では6品種「細島蕪・王滝蕪・開田蕪・三岳黒瀬蕪・吉野蕪・芦島蕪」が「信州の伝統野菜」に認定され知られています。

かぶ風景

信州大学等による遺伝的調査では山形県の庄内地方の「温海(あつみ)蕪」と近縁であることが判明し、人手を通じて伝播されたと考えられています。

赤かぶの主な食べ方は砂糖や酢で漬ける「甘酢漬け」や「ぬか漬け」です。種類によって食感が異なるので、食べる人によって蕪の好みが分かれるのが面白いです(^^♪

 6420王滝蕪の赤かぶ漬け・すんき漬

近年「すんき」が有名になってきていますが、赤かぶも捨て難い存在です。一度試してみませんか(=゚ω゚)ノ

ここで皆さんに素敵なイベントを紹介します(≧▽≦) 平成31年2月6日(水)に木曽合同庁舎で「第3回赤かぶ利用コンクール」を開催します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤かぶコンクールは平成28年度から赤かぶの消費を増やそうと開催され、材料には「生かぶ」「かぶ漬物」「乾燥赤かぶ」を使います。プロによる料理実演やコンクール応募者の創意工夫のあふれる赤かぶ料理が多数出品されます。

木曽郡内の赤かぶ6品種を使った料理であれば、どなたでも応募できます。

 RIMG0695

コンクールの詳細や、出品申込書、横山タカ子氏による料理実演の申込書は木曽農業改良普及センターのホームページからダウンロードできます。

(申し込みは平成31年1月28日まで)

↓詳しくはこちらをご覧ください↓

https://www.pref.nagano.lg.jp/kiso-aec/dai3kaiakakabukon.html

 

第3回赤かぶ利用コンクール

日時:平成31年2月6日(水曜日)10時から13時

会場:木曽合同庁舎2階201会議室・2階調理実習室

 赤かぶ利用コンクールプレスリリース

捨てるところが無い木曽の赤かぶを味わいに、冬の木曽路を旅してみてはいかがですか(^ω^)

 

1月が旬の「おいしい信州ふーど」レシピはこちらから

https://www.oishii-shinshu.net/recipe_search/recipe_search_result?searchItem=4&searchRecipe=January

 

おいしい信州ふーどに係わる情報はこちらから

https://www.oishii-shinshu.net/

 

長野県内の農産物直売所に係る情報はこちらから

http://www.shunchan-nagano.net/

 

長野県産農畜水産物のPRに使用していただける画像集はこちらから

https://www.oishii-shinshu.net/pr-photo/

←前の記事へ

次の記事へ→