トップページ > おいしい部局長会議 > 10月のおいしい部局長会議で農業と福祉の連携により商品化された3品が紹介されました!

おいしい部局長会議

10月のおいしい部局長会議で農業と福祉の連携により商品化された3品が紹介されました!

○ぎゅぎゅっと濃厚 きぬごし豆腐

 障がい者の皆さんが豆腐作りにこだわりを持って、大豆の生産から加工・販売まで取り組んでいます。原材料となるのは、安曇野産大豆と天然にがり。生産者グループの「ま・めぞん」ではおいしい豆腐を作る豆腐職人を目指して、日々技術を高めています。豆乳の濃度が12%以上の濃厚なきぬごし豆腐をご堪能ください!

問合せ先:安曇野市社協 すてっぷワーク ま・めぞん(就労継続支援B型事業所)  
       安曇野市豊科4678-2
電話番号:0263-88-8506

豆腐.jpg

 

○みんなで作ったおしょうゆです。

 障がい者の皆さんが、原料となる信州産大豆や、小麦作りからはじまり、醤油の仕込まで、地域の小学生や農家のボランティアの皆さんのお力を得て、みんなで丹精込めて作ったお醤油です。寒の季節に信州産丸大豆・小麦、天日塩を七尺杉桶に仕込み、じっくりと天然熟成したもろみを搾ったお醤油をご賞味ください!

問合せ先:多機能型事業所エコーンファミリー  
       長野市川中島今井1387-1
電話番号:026-283-8787 

醤油.jpg

 

○善光寺前の新たな名物「鯉焼き」

 今年度スタートした「農業就労チャレンジ事業(健康福祉部・産業労働部・農政部の3連携)」で取り組んだ花豆栽培。藤田九衛門商店の「鯉焼き」の餡は、主に長野県産の花豆を自家製餡にしたものです。その中には長野市内の障がい者就労施設「炭房ゆるくら」が生産した花豆が使用されています。売り切れ御免の逸品「鯉焼き」をお召し上がりください!

問合せ先:藤田九衛門商店(ふじたくえもんしょうてん)  
       長野市東之門町400-2(善光寺徒歩すぐ)
電話番号:026-219-2293

鯉焼き.jpg

←前の記事へ

次の記事へ→