トップページ > おいしい部局長会議 > 「野麦路のかぶ」・「だったんそば茶」

おいしい部局長会議

「野麦路のかぶ」・「だったんそば茶」

 【野麦路のかぶ 

 「野麦路のかぶ」は、信州の伝統野菜「保平蕪」の甘酢漬けです。松本市奈川地区で昔から食べられてきたお母さんの味を商品化しました。
 皮の色でかぶの中まで美しく染まった優しい赤色とほんのりとした甘みが特徴です。
 
やわらかい歯ごたえもお楽しみ下さい。           

kabu.jpg

問い合わせ先: 奈川山菜株式会社
           
松本市奈川1006
           
0263-79-2311 

    奈川山菜株式会社
   
・地元の野沢菜やきのこ、わらび、こごみといった山菜の加工と販売。
    ・15年ほど前から奈川村の味として、「保平蕪の甘酢漬」の商品化に取り組む。

保平蕪
・信州の伝統野菜。草姿は立性で葉数は少ない。葉はびわ形でやや光沢があり、葉質は比較的硬い。根形は円錐形で紅色を呈する。肉質は柔らかく甘みに富み、食味は極めてよい。
・収穫時期は10月中旬~11月中旬。伝承地域は松本市奈川。

 

 【だったんそば茶】  

そば.pngのサムネイル画像

 

農業生産法人 ㈱かまくら屋

・平成21年9月にそば製麺会社と自動車販売会社が法人を設立。松本市、安曇野市で遊休荒廃農地を再生しながら農地を拡大し、そばの栽培を行なっている。
 
経営面積52ha。
・製麺会社との共同で「おらとこのそば」「だったんそば茶」を開発し、販売。
・平成24年10月に六次産業化法に基づく、総合化事業計画(そばの加工等)が認定。
・平成25年2月4日開催の遊休農地活用功績者表彰で長野県知事賞を受賞。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

←前の記事へ

次の記事へ→