「おいしい信州ふーど(風土)」図鑑

王滝蕪 (おうたきかぶ) ヘリテイジ

  • 王滝蕪
  • 王滝蕪
  • 王滝蕪
  • 王滝蕪

王滝村内に残る約300年前の古文書には、尾張藩への年貢として出した記録があります。また、芭蕉の開いた句会の連句ににも木曽の「酢茎」として取り上げられています。古くは糠漬けや干してだし取りなどとして利用しましたが、現在は甘酢漬けが一般的です。葉部は塩を使わず、乳酸発酵させた漬物の「すんき」として利用します。「すんき漬け」はみそ汁、そばの具、すんき汁、炒め物、おやきの具などに使われます。草姿はやや立性。葉はびわ形で光沢があります。葉質は硬く毛じがあり、上半分部にはアントシアニンの色素を呈します。根部は長形から扁平まで様々な系統がありますが、いずれも赤紫色を呈し肉質は柔らかです。

“ 王滝蕪 ” を使ったおすすめ料理レシピ