トップページ > 「おいしい信州ふーど」フェア > レポート > 地域の食と農を、そばで包む。伊那谷をテーブルで表現した「伊那谷ガレット」

「おいしい信州ふーど」フェア レポート

地域の食と農を、そばで包む。伊那谷をテーブルで表現した「伊那谷ガレット」

二つのアルプスに囲まれた信州・伊那谷は、信州そば発祥の地でもあります。古くから良質のそばを生産してきたこの地で誕生したのが「伊那谷ガレット」です。伊那谷産のそば粉を使い、それ以外にもトッピングで伊那谷産の食材を一つ以上使うことがルール。現在、伊那市、駒ヶ根市、辰野町、箕輪町、飯島町、南箕輪村、中川村、宮田村の8市町村で、20軒を超える飲食店が、工夫を凝らしたメニューを提供しています。シードル酵母を用いた生地や、採れたての野菜、生みたての卵を使ったガレットは、ランチやスイーツ、お酒のおつまみなど多彩なシーンで楽しめます。

2016年9月には、「信州伊那谷ガレット協議会」が設立。「そばの育て方の研究」「ブランド化・価値の向上」「不耕作地・荒廃農地の再生」を3本柱にして、活動を行っています。目指すのは「世界一のガレット」。代表を務める、イタリア料理店「kurabe CONTINENTAL DELICATESSEN」オーナーシェフ・渡邊竜朗さんは、「伊那谷の食のポテンシャルをどう表現するかを考えたときに浮かんだのがガレットです。飲食店に足を運ぶ人が増えるだけではなく、農産物、そして生産者にも光が当たり、地域全体に良い流れが生まれるのではないかと思いました」と話します。

「信州伊那谷ガレット協議会」代表の渡邊竜朗さん

さまざまなガレットが集合する「ガレットマルシェ」や体験教室「ガレットキャラバン」など、各店で提供する以外にも活動は広がりを見せています。「イベントでは、飲食店と農家のコラボメニューを販売するなど、皆が『おいしいものを作りたい』という気持ちで取り組めるように心掛けています。食と農を、お客さんの喜びでつないでいきたいですね」と渡邊さん。2017年には「伊那谷おいしい蕎麦栽培プロジェクト(ガレット・ラボ)」を発足。有志が集まり、ガレットに適したそばの栽培に挑戦しています。伊那谷ガレットが、「世界一のガレット」として名を馳せるのも、そう遠い未来ではないかもしれません。


kurabe(クラベ) CONTINENTAL DELICATESSEN
TEL:0265-76-9086
住所:伊那市西町5111-16 田村ビル1F
営業:11:00~19:00(木曜 12:00〜)
定休:火・水曜日
https://www.facebook.com/kurabeCONTINENTALDELICATESSEN/


ガレットキャラバン開催
信州伊那谷ガレット協議会では、加盟店シェフによるガレット体験教室を開催しています。
開催店舗・時期は、協議会のFacebookページに随時掲載します。
信州伊那谷ガレット協議会 Facebookページ

フェアレポート 一覧