トップページ > 信州ふーどレシピ > (武)トマトの燦燦ゼリー

信州ふーどレシピ

(武)トマトの燦燦ゼリー

※おことわり※
レシピ名にある「(武)」は、実際には○の中に“武”の文字が入る、上田市武石地区のブランド品のマークです。

トマトピューレを作ったら大変おいしかったので、最初は何も入れずにゼリーにしましたが、トマトの香りが強すぎたので、まろやかにするために水や砂糖、りんご酢を加えてみました。
昭和30年代の後半から50年くらいまで、武石地区(旧武石村)において、まる武トマトを大勢の村人が作り、毎日何台も大型トラックが出入りして、市場ではブランド品として人気がありました。時代が変わり作る人も高齢化し、現在は少人数の人しか作っていませんが、まる武トマトのおいしさは抜群です。

(武)トマトの燦燦ゼリー

材料と分量4人分

  • トマトピューレ  300cc
  • 水  250cc
  • 砂糖  30g
  • りんご酢  大さじ2
  • アガー(ゼラチンでも良い)  10g
  • 生クリーム  適宜
  • プレーンヨーグルト  適宜
  • 【A】ミニトマトのマリネ漬け
  •  ミニトマト(湯むきする)  適量
  •  りんご酢  50cc
  •  はちみつ  60g

作り方・調理方法

  1. トマトピューレは、生のトマトを湯むきし、ざく切りにしたものを鍋に入れ、1時間ほど煮たものをざるでこし、さらに半量になるくらいまで2~3時間煮詰める。(大ざるに山いっぱいのトマトから出来上がったトマトピューレは、350ccのビンに5本くらいしか取れない)
  2. 【A】を混ぜ合わせ、ミニトマトのマリネ漬けを作る。
  3. アガーと砂糖をよく混ぜ合わせ、分量の水に少量ずつ入れ混ぜる。
  4. (3)を沸騰させ1分くらいかき混ぜて煮る。
  5. (4)に、りんご酢、砂糖を混ぜたトマトピューレを入れよく混ぜ合わせ、器に入れて(1)をのせる。
  6. 食べるときに、ヨーグルト、生クリームを混ぜ合わせたクリームをかける。

レシピデータ

  • カテゴリー その他菓子 その他
  • 調理方法 冷やす 
  • 調理器具  
  • カロリー 145kcal (1人当たり)
  • アレルギー 乳,りんご,ゼラチン(左の特定原材料を含む)
  • 調理時間 10分以下(目安)
※アレルギー表示について
一般的な材料を使用した場合にこのレシピに含まれる特定原材料を表示しています。
また、アレルギー物質に対する感受性は、個人により大きな差があります。表示項目を参考に最終的な判断は専門医にご相談されることをおすすめします。

信州ふーどレシピ

人気レシピ


  • 県内エリアから
  • カテゴリーから
  • 調理方法から
  • 使用器具から
  • レシピの詳細検索はこちら

[PR]

  • 株式会社アグリンフレッシュ
  • 株式会社水城漬物工房
  • 株式会社プロミート
  • 信州山ごはん&地酒
  • cookpad 長野県公式キッチン
  • 長野県農産物マーケティング室facebookページ
  • 長野県公式ホームページ
  • 地産地消 信州を食べようキャンペーン
  • 信州を食べよう(長野県魅力発信ブログ)
  • 田舎暮らし楽園信州
  • 長野県町村会 元気なふるさと
  • 信州の名産品が最大40%OFF【NAGANOマルシェ】
  • 長野県公式ネットショップ紹介サイト【カウナガノ】
  • 信州の産地”先採り”ネット
  • 信州の環境にやさしい農産物
  • 米粉情報
  • NAGANOデザインフェスタ
  • メディア掲載情報